title みたまま情報
−湯田温泉駅・湯田温泉停(2005年2月現在)

湯田温泉駅

温泉街からやや離れているが、駅から温泉街への道路は街灯が整備され、漆黒の闇と格闘する必要はない(余談だが、山口線の駅で周囲が闇というのは珍しくない)。写真にはないが、右側には巨大な白狐像がそびえ、彼の足下に旅館案内所がある。

設備

駅舎の待合室は正面の出入口や改札口から風が吹き抜けるが、ホーム上にも待合室があり(写真左方)こちらは外気を遮断できる。いずれも冷房なし。トイレ・ベンチあり。キオスク(売店)もある。

窓口

みどりの窓口がある。窓口の数は一つであり、発車間際は混雑する。早朝夜間は無人。

湯田温泉駅
1999年9月撮影

湯田温泉停

温泉街の中心に位置し、0時を回ってもにぎやかである。「おみやげセンター」建物内に防長交通の案内所がある。

北行(山口市内方面)・南行(新山口駅・山大・平川方面)とも、防長交通の乗り場と中国JRバスの乗り場が区別されている。北行では両者がやや離れているため(写真は防長の乗り場で、JRの乗り場は写真左方となる)、待つ場所を間違えると乗りたいバスが目の前を通過してあわてることになる。

東萩行はJRが北行に、防長が南行に停車する。萩までの経路が異なるからだが、間違える人が多いのか、防長案内所には注意を促す掲示が出されている。

設備

北行(山口市内方面)には雨よけとベンチがあり、南行(新山口駅・山大・平川方面)にはベンチが若干ある。北行側は公共トイレと、温泉街らしく足湯がある(写真では「おみやげセンター」建物と木々の間)。

湯田温泉停北行
2005年2月撮影
湯田温泉停北行(山口市内方面)
[1999年9月撮影写真へ(防長交通、新山口駅北口発宮野温泉行)]
湯田温泉停南行
2005年2月撮影
湯田温泉停南行(新山口駅・山大・平川方面)
[1999年9月撮影写真へ(中国JRバス、防府駅発山口大学行)]



noyamalj@gmail.com